2011年01月24日

金剛山の野鳥の撮影。

 金剛山の山頂で、プロ野球の試合に新聞記者たちが持ってきそうな大きな望遠レンズを持った人をときどき見かけます、きっと野鳥を撮影しに来ているのだと思います。
 でもそういう人たちはロープウェイを利用しているのか、5時くらいになると見なくなります。

 しかし、5時前後の夕闇が迫るころに小鳥たちがかわいい声で鳴きながら、道や人の近くまで来てくれます、人が少なくなってきっと警戒しなくなるためでしょう。
 だから5時前後(またはそれ以降)の方が野鳥の撮影チャンスがあるように思います、もちろん暗くなり始めていますから撮影感度を上げたり、明るいレンズが必要になるとは思いますが、きっといい写真が撮れるのではないでしょうか?
 私は標準望遠レンズしか、持っていないのでなかなかうまく撮れませんが・・・。

 ただし、5時以降ですからロープウェイはなくなりますので、自力で下山する必要があります。
千早本道を下山する場合は、階段が多いのでトレッキングポールなどを持ってきて膝への負担を軽減しながらゆっくり下山する必要があります。(やはり、装備が重くなると転倒もしやすくなるので注意しながら下山する必要があります。また重い装備で千早本道を急いで下山すると動けないほどに膝が痛くなってしまうのでこれにも注意します。)
 また冬は、日が暮れるのが早いのでライトが必要で、防寒着も絶対に必要になります。
posted by みんもも at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 金剛山

2011年01月10日

年末に金剛山に登りました。

 2010年の年末に金剛山に登りました、近所の人は皆 大掃除で大忙しでしたが構わずに金剛山に登りました。
 体調を崩してしばらく金剛山に登れていなかったので大掃除をさぼって登ったのですが、金剛山山頂気温は-3度で冷え込んでいました。
 いつも冬でも登山中は汗をかきながら登るのですが、この日は体は歩いていて少し汗をかいているのに手はかじかんで動かなくなるなど、かなり寒かったです。(金剛山山頂ではアイゼンが必要な状態。)
 それでも、金剛山山頂広場にテントを設営している人がいました、”まさか初日の出を見るために宿泊するわけがないと”と思いましたが、本格的な山のテントを設営していることから本気のようでした。
 そういえば、以前に岩湧山の山頂にテントを設営して1泊する人がいました、その人はどうやらダイヤモンドトレールを歩いている人で岩湧山の山頂で1泊してゴールを目指すようでした、中にはダイヤモンドトレールを始点から終点までを10数時間で歩く人もいるそうです、でもゆっくりと歩いて夜は山頂からの夜景を楽しみながら1泊するのも冒険的でいいと思います。(でも1人は怖いかも、足のない人がやってきたら・・・。)
posted by みんもも at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金剛山